一番つらいのはノルマ!ノルマ達成の近道は先輩の教えを聞くこと

ファッション専門店には毎月ノルマが存在します。つまり、毎月どの程度売り上げをあげれたか、というもの。このノルマをスイスイと達成しちゃえば大丈夫ですが、そんな簡単に達成できないことがほとんどだと思います。

季節によって売り上げは異なるし、思うようにはその月はお客さんの来客数が多くなかったりします。それと同じ様なせいでスタッフみんな頭を抱えてしまうことになるのです。 ノルマ達成に必要なのは何だろう?月の半ばを過ぎればみんな段々焦ってきますから、打ち合わせをします。その場でショップ店員一人ずつ考えを聞かれ、参考にされますが、そんなことがまたまたつらいのです。わかっていても中々売れない><売れないから更にお客さんが少ない。どうやって集客するか。それこそ永久の課題です。

ノルマ達成しなければいけないから自分で洋服を買うパイセンもいるし、呼び込みにパワーを注入するスタッフも多いです。一番人気商品を店頭にかかげてアピってる私もいます(笑)スタッフみんながノルマ達成する為に必死になっているのにどうして売れないのか?といったジレンマお蔭でショップスタッフ同士がイライラ気まずい雰囲気になってしまうんですね~

そんなこんなでも月の後半になれば何とかノルマが見えてくるから、もうすこしなんですから頑張りましょう!といった声が出てきます。あんまり売れなかったお洋服が己のセールストークで売れだすと、心の中ではうれし泣きしています(笑)大変な思いしたぶん、今度も努力すれば売れる!と実感するので月のノルマ達成に至るまでがんばることができるんです。

そんでノルマ達成したら全員で「お疲れ様!」とホッとして、みんなまじに頑張ったなーって感じで嬉しさ大爆発です。この一時が心底心地よく、全員一丸となれる瞬間です。なのでハードなノルマも努力で乗り切れるんですね~

またノルマがどうしても達成叶わなかったときの新人のときはパイセンが「あんたのトーク良くない。押して押してでお客さんのキモチが分かってない」と怒られたもんです。あのころのパイセンのセリフに現在は勇気づけられています。更にはパイセンはどんな場合でもお客さんがどのようなアイテムを探しているかを感じてトークしなさい、と教わりましたが、それが真実であったのだとノルマ達成後にとっては実感するところです。

アパレルショップで働いているときの最大のメリット

ファッション業界で働いていて大きなメリットは、セール時のお品を割安に買えるところです。別店舗のお店で自由に取り置きしといて貰えるし、私の勤めているお店の大型店でしたらセールの際にお洒落なお商品は完売というのも当たり前でした。

反対に田舎の方の小さめのお店ならば依然として残っている傾向にあるため、そちらを取り置きしといていただくなんてのもできることが良い点です。欲しかったお洋服が田舎の方で入手できるってのはショップスタッフに限ったメリットですよ。外の人間ならば間違いなくこのような事は難しいでしょう。

それから、お洋服とはさほど接点がないと思うと思いますが美容室でも、お休みが不定期ですからお店が周辺ならば常日頃顔をあわせてますから仲良くなりやすいのです。そのためお安く化粧品を譲って頂いたり、美容室でサービスを得る事が可能だったりと、何やかんやお得なことも多いんです。

隠れガテン系であり、お店裏だと汗かきながら商品を捌いていて、一日立っていますし脚が浮腫むんですが、それでも好みの商品に囲まれる毎日はやりがいがあります(笑)セール時も特化で好みのアイテムを優先して選べますし、完売した人気の服は田舎の店舗で取り置き可能です。さらに美容に関しましても最新の口紅やファンデーションを本当にお安く購入することが可能ですから、たとえお給料が低いとしても、納得できる職種だと思います。

隠れガテン系で給料も安いけど、髪型、服装は自由だ~

実を言うと実態として裏だとガテン系という面もあるショップスタッフなんです。 1日屋内とは言え、座ることができないし脚は浮腫むし、足の裏は疲れます。しかも!ヒールでないとダメです。

その上ハードな業務のくせには給与は激安なのが不満なところではあります。季節の始まりで自分の収入から新商品を手に入れるのも不可欠だし、そのお金も結構掛かるんですね~しかしながら、すぐにでも好みの商品を着用するのが可能なのは十分良い所です。

大変な仕事ですが、ネイルやヘアーについては自由ですし、ファッションラブな人にとっては天職だろうと感じます。ネイルサロンに月に1回は行ってるショップスタッフもいまして、美容室で髪を巻くのも大丈夫なんです。美人なショップスタッフならばお客さんに覚えて貰えるのがあっという間で、顧客ゲットも簡単にいってしまうというアドバンテージも望めます。間違いなくカリスマスタッフというようなあだ名が付くなんて場合もありますから、美人さんには是非とも有利な職場です。

その結果うわさになってモデルさんに転職などという事例もあります。そんな話があるとこの業界で生きてて正解だった!と思います(笑)

お客さんとは楽しい会話を交えつつ接客を!

結構ハッピーになる接客というのがあります。そのような一時をすごす体験が多いです。そんで最後には裏でパイセンにくっちゃべりすぎ~って叱られちゃいます(笑)そんなこと言ってもあのお客さん話が面白いんだから~って感じる場面はよくあるのです。

初めに接客の面白さはお客さんとの距離感からスタートするんです。初見のお客さんに関しては心づくしの姿勢でスタートし、喜んで買ってくれたお客さんを忘れないようにするのは当然であり、再び足を運んでくれる際、「先日の商品はお気に召されましたか?」なんて話しかけるんです。「そうね~結構いいものだったわ~なのでまた見たくなってね~」このような会話からスタートする話題はさまざまな服装の話題で盛り上がり、気づいたらお客さんにタメ口で雑談していますした。そしてそれがかえって正解だったようで、「友達のように話ができるショップ店員さんは楽しいね」「そうだね!」といった具合です。あとでパイセンに叱られるのは分かっていますけど、事実お客さんと目線が同等ですと、おのずとお客さんに推奨可能なアイテムがポンポン浮かぶです。

加えて好みの歌手なんかが同系ですと更にうれしいんです。西野カナさんとか一際女の人に人気ですが、当然自分も大ファンだから、「あの曲はよかったです~、感動しました!」といったお客さんに向けては、自分も同感ですから、「私自身マジで泣いちゃったんですよ~失恋ソングとして聞いたら・・・」「マジか」って感じにになっていたんです(笑)

そのような面白い接客はショップスタッフにとりましても非常にやりがいのある接客なんです。 そして何となく気の合うな~って感じるお客さんも中にはいて、ファッションの話でテンション上がりまくりなんてこともあったんです。この柄が最適、このカラーがバッチシ、モチーフがかわいい!フォルムがかわいいし、このブーツとセットにすれば抜群じゃん?と、こんな風にです。同世代かな~?ってお客さんの応対だとトークが弾んでしまうから実に幸せな瞬間だな~と思っています。だいたい気の合うお客さんとは少し長いお時間コミュニーケションを取ります。

自分は見た目と違ってインディーズバンドが好みのなのですが、たまに詳しいお客さんもいますがら、そういった話題が中心になることがあります。 エンジョイできる接客が何よりお客さんのニッコリ顔を呼び込みます。お客さんとの共通の部分を探すことで距離がぐっと縮まり、おのずと仲良しになるころもありますし、フレンドといった感覚に陥ることもあります。しかしながら、極端に友人のようになっちゃうのも店員としては望ましくないから、ある一定のラインは越えちゃいかんな~と考えているのですが、接客って心底面白いと思う瞬間でした。

お辞儀の角度は何度がいい?

お辞儀の角度は45度ピッタシじゃないといけません。身体の動作も美しくしなくてはダメです。だらんだらん歩いてなんておられませんし、お客さんの背後を付きまとうような行為もやっちゃダメです。

お客さんはそういったショップに慣れているので、自分の試着したい、理想とする商品はどんなもんか知ってるから、背後でうろちょろされるとうざいな~って感じるお客さんもいます。ただし、何かをお探しになっている感じのお客さんには声をかけています。このようなケースではお客さんは探し物をしている証拠であるから、お客さんから近づきすぎず離れすぎないような距離でしっかり確かめます。それが結構疲れるんですね~立っているときもだら~んとなんでできませんから、背筋を伸ばしてきちんと立ちます。そしてお客さんの感じもしっかり把握することが求められます。

それからブランドであってもハイブランドのアイテム、シャネル、イヴサンローランに代表される様な店員はぐっとハードな礼儀を習得する必要があります。それこそ磨き上げられたスタイルとか髪型等もちゃんと纏めたヘアー、さらにお化粧もしっかりした好感のあるお化粧が必要です。おもてなしはにっこりと笑顔のご挨拶って考えらえていますし、メンタル的なキャッチボールとされています。

百貨店で働いたら接客マナーが身についた

自分は現在のお店に勤める前は百貨店に勤めておりました。簡単に言うと百貨店はその他のセレクトショップと比較してとんでもなくもてなしレベルは高水準であります。

その結果礼儀、作法、マナー等に関しては初日より要求されるため、研修の時、実は挫折しそうでありました。初めに、顔がピシっとしているところです。ヘラヘラするなんて絶対に許されず、ニコニコすることは当然として、更に礼儀のあるスマイルでいなければならない、とても容易ではない表情を要求されます。

言葉使いにおいても正しい敬語じゃないとダメだし、不服だと思われる目上の人も結構います。目上の人ほど礼儀作法とか言葉使いにおいてはシビアですから、お客さんが目上の人ですと非常にプレッシャーになります。

話し方は原則として、敬語や、挨拶も忘れちゃダメです。「いらっしゃいませ」の挨拶一つとっても印象良く聞きやすい言葉でないといけません。いつも何となく通っている百貨店の店員さんの接遇を確かめてみてください。必ずこれらのマナーを習得していますよ。因みに自分はショップスタッフと百貨店のスタッフを見比べてみて、その対応のギャップに驚いています。

セレクトショップの豊富な品揃え

衣装のみならずセレクトショップであれば小物類も取り扱っているのをご存じですか。シューズとかこもの、ピアスとか首飾り、伊達メガネとか被り物とかを取扱っているんです。その辺も利用しながら、お客さんにアドバイスしたりします。

そしてお客さんが小物類を見に足を運んでくれることも割とあります。「このお店のビーズのアクセが断然かわいい」なんておっしゃっていただけるお客さんも結構いましたから、これはとっても嬉しいことでした。 シューズはsizeに影響を受けて変わります。かなり好みが分かれるためsizeをチェックするのみのお客さんもいます。

まあ、一口に言うとセレクトショップのシューズはそこだけのオリジナル感があります。ですから自分はシューズこそイチオシのアイテムだと考えています。最初にお客さんの関心を持っている服に組み合わせて、会話が弾んだらシューズもアドバイスしています。すこぶるこちらのシューズは身に着け易いしピッタリですよなんて言いながらです。現実として、自身に関してもお店のシューズを履いていることがありますが、魅力的なシューズはヒールが高めでもも疲労感感じなくて、靴ずれとかしませんから良いものです。

もしセレクトショップにおいて何かアイテム見てみようかなって思った際にはシューズとかアクセ、さらにぼうし等も是非見てみてください!他店には存在しないユニークな小物類がいっぱいあるので、それどちらの?と聞かれる事あるはずですよ!

セレクトショップの雰囲気とは

自分は昔からファッションラブでしたので、専門学校を卒業後、デザイナーになりたかったけど無理とわかり、諦めて、まあいっかーって感じでセレクトショップで働きました。

セレクトショップの醍醐味を説明すると、お店の色や感じを満喫することだと思います。セレクトショップというものは多数存在する訳ですが、やっぱりそのお店特有の雰囲気や色があると思うんです。何となーくだけどあそこのブランドはブルーっぽい!とかレッドの香りがするな~、みたいな感じです(笑)。このような面白味があるんですね~

人気のハイレベルなセレクトショップにおいては、当然はやりの最新ファッションに敏感なお客さんが訪れる訳で、そんなときはスタッフの技量が発揮できるかどうか勝負所なわけですが、その季節にしかないファッションも満喫するのも可能です。それに加え、他店には出せないスタイルがあるから、そんなとこもエンジョイできる理由なんですね~

接客業にとって最も簡単でないこと、それは「どれが良いのかな~?選んでくれない?」と申しつけるお客さんだ。これはね~結構難しいんですね~。そんなときはお客さんの身に付けているアイテムに適したアイテムは何か、さらにはその人の感じのアイテム、逆に180度違うイメージの商品を提案しています。その結果喜んでくれたならやりがいの感じる瞬間です。

子供のいるお母さん達との会話術

ママファッションの場合は大して過激なファッションを狙うこともなく、しかし冒険をしないってことでもありません。昨今のお母さんはお洒落ママが多く見られるため、思いの外従業員達も難しい~と思うこともありましす。

それでもへそくりなんかを洋服にお金を使う事が可能なお母さん層のリピーター確保は重要になります。したがって全員お母さんファッションを学習する感じになってきました。

ドラマですとやはりジャニーズがお母さん達に人気が高いです。ジャニーズが出ているドラマはいっぱいあります。そういったドラマを全て視聴するのは、帰宅後は割と大変ですが、売り上げUPを狙うなら必要です。

そうは言っても、ドラマを視聴すれば自然と自分も楽しんでいるものです。テレビに向かっている時間が自宅にいる時間の中でも最も長いかもしれません(笑)それでも勉強と考えずにリラックスしつつ視聴しています。次の機会にあちらのお客さんが足を運んでくれたらどのような内容の会話をしようかな~ってドラマを見ながらイメージするのも好きです。

ファッション誌においてもノンノやウィズとかヤングな年代の為の雑誌ですので、勉強がてら積極的に購入しています。そして、隅から隅まで購読し、ラストの恋愛トーク術ってところまでも読んでいます(笑)半身浴とか行いつつ読めるから一石二鳥ですしね!

そして、年代が少々高めのお客さん対策としてはブランドの勉強にも励んでいます。昨今はWEBマガジンなるものも沢山ありますから、ハイブランドの情報はそこから仕入れています。シャネルとかグッチのバッグのみならず、エルメスのスカーフあるいはサンローラン等の手の届きそうもないものでも知識を脳に詰め込みます。

私のところでも近年は防水スマホってやつが活躍しているので、半身浴と合わせてチェックチェックです。結構大変ではありますが話題に上がりそうなものは全てチェックが欠かせません。

お客さんとのコミュニケーションで必要な知識

コミュニケーションはお客さんとの接遇において何よりも大切だと言えます。どうしてかと言うと交流の仕方でそのお客さんが買ってくれるかどうかが決まるからです。店員はそのためさまざまな勉強に力を入れなければなりません。

とは言っても、得意でないジャンルならばそこそこにしておいて、好みのジャンルでは意欲的に学習に取り組んでいる店員が多いです。

十代~三十代の人はやはりテレビ番組の話題がほとんどです。さしあたって現代は絶世の嵐ブームです。嵐というのが何か知っていなければ会話はなり立たない訳です。誰がカッコいいや、誰ファンとか、そのようなお話が中心です。そんで最終的に、メンバー全部好きだしね!といった具合にに終わります。嵐愛はやはりみんな好きだなぁ~と感じます。

年齢層が上がると、ファッション誌や、テレビ番組で情報収集をします。ファッション誌と言うもののお子さん向け雑誌とか育児の雑誌、お母さんファッション等を主として調べます。その他に今話題のドラマとかを調べていました。新シーズンが開始するときは、初回は絶対見逃せません。