セールの時期は忙しくて大変だけど、盛り上がって楽しい!

シーズンが終わりに近づくと、少しずつ他のショップもセールの準備をしています。季節の終わり目のタイムセールはすこぶる大変なんです。

声を大きく張り上げて叫ぶようにアピらないと、ライバルショップの店員のアピールに出遅れちゃうからです。とは言うもののかすれたような声だとかっこ悪いです。ショップスタッフはほぼ全員でセールのときは気合を入れて呼びかけます。

そのうちお客さんが足を止めてくれたときにはショップスタッフが1人ずつ対応しに行きます。呼び込む際は秘策があります。立札一つでもかわいいデザインならば気になって頂けますし、半額!という言葉のみ考えてもいかに他店より際立つ立札を作成できるかが大事で、セールの前よりその勝負は始まります。

セールの中にもタイムセールがあります。30分~1時間以内のみ元々のセール品が益々お安くなることもあるんです。そのタイムセールでは非常に力を入れまして、ショップ店員全力でタイムセール中ですと大きな声でアピールを続けます。周りのお客さんもタイムセールに引き付けられて

安そう!

って次々に入店してくれるので、それも面白いところです。

レジ待ちのお客さんの列もグングン行列になっていき、タイムセールならではのやりがいもあるんだな、と思うこともありました。

セールというのは売れ残り商品を売りさばく訳ですが、その中でも良質なアイテムを安価で購入したいお客さんがセールの季節を狙ってくるので、魅力的な商品は数多く売れ残っているんです。ですから早い者勝ち!それ私の!!みたいにはなりませんが、セール時期においてはこれも、あれも、とお客さんの光る目が素晴らしいです。

そして、その日のタイムセールが終わって閉店後のレジ清算はドキワクの瞬間です。いかほど本日の売り上げができたのか確認して、目標に達成できてたら全員でキャッキャッ言います。

セール時期は終始時間外労働がどうしようもないとはいえ、そのときの女子トークも楽しみの一つです。

「あの服売れ残ったらあたし欲しい~」

「このモールで最も繁盛した店じゃない?!」

といった会話が何よりも面白いこと。

明日は一段とお客さんをゲットしようね!と立札をぐっと改善するスタッフもいました。そんなにデコしちゃってやりすぎでしょ!ってツッコミたいくらいにキラキラにデコりまくっていたから思わず笑ってしまいました(笑)

その前に

「しかし疲れたな~」

という言葉がみんなの第一声ですが、セール時期は体力が必要になりますので、ライバル店に負けないように、全力で売ります。その結果お客さんが足を運んでくれると大成功なんですね。それはショップ開店よりずっと連続する訳ですから、やっぱり疲れます。

しかしお客さんが増えればお店の雰囲気も盛り上がって行くので、盛り上がりがあるお店の方がお客さんの来店が大いです。したがって、ほんの一人でも多くのお客さんを掴むため全員必死ですよ。セールやタイムセールはテンションが上がるので従業員もやりがいあるし、何と言ってもお客さんに一番エンジョイしてもらえるようなお店に!それを一番心掛けています。

コメントは受け付けていません。