お客さんとは楽しい会話を交えつつ接客を!

結構ハッピーになる接客というのがあります。そのような一時をすごす体験が多いです。そんで最後には裏でパイセンにくっちゃべりすぎ~って叱られちゃいます(笑)そんなこと言ってもあのお客さん話が面白いんだから~って感じる場面はよくあるのです。

初めに接客の面白さはお客さんとの距離感からスタートするんです。初見のお客さんに関しては心づくしの姿勢でスタートし、喜んで買ってくれたお客さんを忘れないようにするのは当然であり、再び足を運んでくれる際、「先日の商品はお気に召されましたか?」なんて話しかけるんです。「そうね~結構いいものだったわ~なのでまた見たくなってね~」このような会話からスタートする話題はさまざまな服装の話題で盛り上がり、気づいたらお客さんにタメ口で雑談していますした。そしてそれがかえって正解だったようで、「友達のように話ができるショップ店員さんは楽しいね」「そうだね!」といった具合です。あとでパイセンに叱られるのは分かっていますけど、事実お客さんと目線が同等ですと、おのずとお客さんに推奨可能なアイテムがポンポン浮かぶです。

加えて好みの歌手なんかが同系ですと更にうれしいんです。西野カナさんとか一際女の人に人気ですが、当然自分も大ファンだから、「あの曲はよかったです~、感動しました!」といったお客さんに向けては、自分も同感ですから、「私自身マジで泣いちゃったんですよ~失恋ソングとして聞いたら・・・」「マジか」って感じにになっていたんです(笑)

そのような面白い接客はショップスタッフにとりましても非常にやりがいのある接客なんです。 そして何となく気の合うな~って感じるお客さんも中にはいて、ファッションの話でテンション上がりまくりなんてこともあったんです。この柄が最適、このカラーがバッチシ、モチーフがかわいい!フォルムがかわいいし、このブーツとセットにすれば抜群じゃん?と、こんな風にです。同世代かな~?ってお客さんの応対だとトークが弾んでしまうから実に幸せな瞬間だな~と思っています。だいたい気の合うお客さんとは少し長いお時間コミュニーケションを取ります。

自分は見た目と違ってインディーズバンドが好みのなのですが、たまに詳しいお客さんもいますがら、そういった話題が中心になることがあります。 エンジョイできる接客が何よりお客さんのニッコリ顔を呼び込みます。お客さんとの共通の部分を探すことで距離がぐっと縮まり、おのずと仲良しになるころもありますし、フレンドといった感覚に陥ることもあります。しかしながら、極端に友人のようになっちゃうのも店員としては望ましくないから、ある一定のラインは越えちゃいかんな~と考えているのですが、接客って心底面白いと思う瞬間でした。

コメントは受け付けていません。