一番つらいのはノルマ!ノルマ達成の近道は先輩の教えを聞くこと

ファッション専門店には毎月ノルマが存在します。つまり、毎月どの程度売り上げをあげれたか、というもの。このノルマをスイスイと達成しちゃえば大丈夫ですが、そんな簡単に達成できないことがほとんどだと思います。

季節によって売り上げは異なるし、思うようにはその月はお客さんの来客数が多くなかったりします。それと同じ様なせいでスタッフみんな頭を抱えてしまうことになるのです。 ノルマ達成に必要なのは何だろう?月の半ばを過ぎればみんな段々焦ってきますから、打ち合わせをします。その場でショップ店員一人ずつ考えを聞かれ、参考にされますが、そんなことがまたまたつらいのです。わかっていても中々売れない><売れないから更にお客さんが少ない。どうやって集客するか。それこそ永久の課題です。

ノルマ達成しなければいけないから自分で洋服を買うパイセンもいるし、呼び込みにパワーを注入するスタッフも多いです。一番人気商品を店頭にかかげてアピってる私もいます(笑)スタッフみんながノルマ達成する為に必死になっているのにどうして売れないのか?といったジレンマお蔭でショップスタッフ同士がイライラ気まずい雰囲気になってしまうんですね~

そんなこんなでも月の後半になれば何とかノルマが見えてくるから、もうすこしなんですから頑張りましょう!といった声が出てきます。あんまり売れなかったお洋服が己のセールストークで売れだすと、心の中ではうれし泣きしています(笑)大変な思いしたぶん、今度も努力すれば売れる!と実感するので月のノルマ達成に至るまでがんばることができるんです。

そんでノルマ達成したら全員で「お疲れ様!」とホッとして、みんなまじに頑張ったなーって感じで嬉しさ大爆発です。この一時が心底心地よく、全員一丸となれる瞬間です。なのでハードなノルマも努力で乗り切れるんですね~

またノルマがどうしても達成叶わなかったときの新人のときはパイセンが「あんたのトーク良くない。押して押してでお客さんのキモチが分かってない」と怒られたもんです。あのころのパイセンのセリフに現在は勇気づけられています。更にはパイセンはどんな場合でもお客さんがどのようなアイテムを探しているかを感じてトークしなさい、と教わりましたが、それが真実であったのだとノルマ達成後にとっては実感するところです。

コメントは受け付けていません。